arrow_b_s_3.png クロスバイクのアクセサリーやアップグレードパーツを見つけるなら
   自転車ウェア/自転車用品の専門オンラインショップセレクトイット

arrow_b_s_3.png  自分に合ったサイクルコンピューターを見つけるなら
   楽天  サイクルコンピューター 価格比較一覧



裸足でいこう NIKE FREE

最近、スポーツショップで『NIKE(ナイキ) FREE』っていう言葉で、一押し展開されているものがあります。

NIKE FREEっていうぐらいなので、当然NIKEの商品で商品名からは連想しづらいけれど、NIKE FREEっていうのは、NIKEが売り出しているシューズのシリーズです。

ランニングをしている人ならばNIKEのシューズで、『NIKE +(プラス)』っていうシューズは聞いた事があると思います。
センサとipodを組み合わせて、走行タイムや距離などをロギングするシステムをシューズに組み合わせたもので、ランニングを趣味としている人は、使っている人も多いんじゃないかと思います。

NIKE FREEのコンセプト『裸足』はどんな効果がある?

NIKE FREEのコンセプトは『裸足』。靴を履いた状態で、裸足で歩いたり走ったりする状態を再現しようというもの。

そんなことして一体何になる?ということだけど、ランニング専門誌では、裸足で走ることによって、前足着地になり、足にかかる衝撃が抑えられ、ふくらはぎの筋力活動が活発になると紹介されてます。
つまり今まで靴によって規制されてた動作が、人間本来が持っているものに変わるらしい。

なんか、いいのかどうなのかよくわからないけれど、デザイン的にちょっとかっこいいので自分もNIKE FREEを買ってみました。

自分が買ったのはシンプルなウォーキング用のNIKE FREE。



NIKE FREEを履いて歩いてみた感想は、確かに裸足で歩いているっていう、感覚はある。
それ以上に、足がなんか疲れる(笑)
いい変えてみれば、トレーニング効果のようなものが働いているのかなっていう気がします。衝撃吸収は、NIKE FREEのソール自体が柔らかいし、かなりいいし、走ってみてもなんかぬるっぬるっっていう感覚がありました。

NIKE FREEで自転車をこいだらどうなのよ?

気になりますね。衝撃うんぬんはこぐ動作に対しては、明らかに関係ない。

関係あるのは、裸足感覚にするために、ソールの縦方向剛性がほとんどないため起こってくることで、だからどうなるのって人間力学的なことはわからないけれど、歩いたり走ったりするときと同じようにやっぱり足が疲れる。
これもトレーニング効果っていうことなんでしょう。

自分の結論としては、NIKE FREEは究極のトレーニングシューズっていうことです。

フィットネス目的で自転車をこいでいる人にはすごくいいんじゃないかな?

「NIKE(ナイキ) FREE」を楽天で探す
「NIKE(ナイキ) FREE」をAmazonで探す


↓★この記事を後でもう一度読みたい場合はブックマークを利用すると便利です。★↓
posted by トレック at 21:05 | ALL FOR 快適クロスバイクライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メーカー別 クロスバイク価格比較一覧
メーカー別のクロスバイク価格比較一覧(楽天)です。
TREK【トレック】はTREK正規販売店のみでの販売ですので、価格はほぼ定価と見てください。
GIANT【ジャイアント】については、ネット販売はされていませんが、自転車販売店、スポーツショップ等で値引き販売されています。
下記GIANTの価格比較は中古販売のみです。

buton1.jpg GT BYCYCLES【ジーティー バイシクルス】の価格比較一覧
buton1.jpg GIOS【ジオス】の価格比較一覧
buton1.jpg SCHWINN【シュウィン】の価格比較一覧
buton1.jpg GIANT【ジャイアント】の価格比較一覧
buton1.jpg BE ALL【ビー・オール】の価格比較一覧
buton1.jpg FELT【フェルト】の価格比較一覧
buton1.jpg FUJI【フジ】の価格比較一覧
buton1.jpg LOUIS GARNEAU【ルイガノ】の価格比較一覧
buton1.jpg MARIN【マリン】の価格比較一覧
buton1.jpg CENTURION【センチュリオン】の価格比較一覧
buton1.jpg Bianchi【ビアンキ】の価格比較一覧
buton1.jpg SCOTT【スコット】の価格比較一覧

上であげたメーカーはクロスバイクの中では名の知れているメーカーのクロスバイクです。
クロスバイク自体は、これだけではなく、100を超えるメーカーで製造されています。

値段や形、素材、コンポーネントなどいろいろなメーカーのものを見て、自分がこれだ!というものを見つけてみてください。

その他のメーカーのクロスバイクについても追々紹介していきます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。