arrow_b_s_3.png クロスバイクのアクセサリーやアップグレードパーツを見つけるなら
   自転車ウェア/自転車用品の専門オンラインショップセレクトイット

arrow_b_s_3.png  自分に合ったサイクルコンピューターを見つけるなら
   楽天  サイクルコンピューター 価格比較一覧


クロスバイクで快適生活 > 失敗しないクロスバイク購入術 > クロスバイクの選び方【性能で選ぶ〜素材〜】

クロスバイクの選び方【性能で選ぶ〜素材〜】

前の記事で、クロスバイクを選ぶときに気にする点として、クロスバイクの重さが軽いということををキーとしてあげましたが、クロスバイクの重さをカタログに載せているメーカーが実は少ないので、じゃあどうやって軽いクロスバイクを探そうか?
というのが、このページのテーマです。

自転車屋に行って、直接クロスバイクを持ち上げて比較してみるのが一番いいんでしょうけど、まあそうもいかないですよね。
じゃあ、どうやって、軽いクロスバイクを見つければいいのか?

そこで、重さを見極める基準となるのが、クロスバイクのフレーム素材になります。

素材と言っても、世の中には合金まで含めると数千種類を軽く超える素材があります。

とは言えど、そんなに難しく考えることはありません。
クロスバイクのフレームに使用されている主な素材は下の三種類です。

  • クロモリ(クロームモリブデン鋼:鉄)
  • アルミ
  • カーボン

この3種類の素材を頭の中に入れておきましょう。

それぞれの素材を順位付けすると、重さについては、軽い順番で、

カーボン>アルミ>クロモリ

となります。重さに関してのみで言えば、カーボンが一番、それも圧倒的に軽い素材です。


素材の価格については、安い順番で、

クロモリ>アルミ>カーボン

となります。カーボンの値段はクロモリ、アルミに対して、圧倒的に高いんです。


ということを考えてみると、軽くて安いクロスバイクを選ぶために、おすすめする素材は、ずばり!
アルミです。

フレームがカーボン製のクロスバイクが一番軽いのは明らかなんですけど、どうしても値段が高くなってしまうので、軽くて安いという観点で選ぶと、アルミ。

ちなみに、メインフレームはアルミだけど、フロントフォークはカーボンというクロスバイクも多数あります。

自分のクロスバイクのフレームはアルミ製です。
アルミはカーボンよりは重い素材だけれども、それでも、普通のママチャリに比べると、え〜!?っていうぐらい軽いです。

人気メーカーが作っているようなアルミ製フレームのクロスバイクは、本当にびっくりするほど軽いので、お店などに行ってクロスバイクを目にする機会があれば、ぜひ一度持ちあげてみて下さい。

「クロスバイク」を楽天で探す
「クロスバイク」をYahoo!ショッピングで探す
「クロスバイク」をAmazonで探す



↓★この記事を後でもう一度読みたい場合はブックマークを利用すると便利です。★↓
posted by トレック at 23:32 | 失敗しないクロスバイク購入術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メーカー別 クロスバイク価格比較一覧
メーカー別のクロスバイク価格比較一覧(楽天)です。
TREK【トレック】はTREK正規販売店のみでの販売ですので、価格はほぼ定価と見てください。
GIANT【ジャイアント】については、ネット販売はされていませんが、自転車販売店、スポーツショップ等で値引き販売されています。
下記GIANTの価格比較は中古販売のみです。

buton1.jpg GT BYCYCLES【ジーティー バイシクルス】の価格比較一覧
buton1.jpg GIOS【ジオス】の価格比較一覧
buton1.jpg SCHWINN【シュウィン】の価格比較一覧
buton1.jpg GIANT【ジャイアント】の価格比較一覧
buton1.jpg BE ALL【ビー・オール】の価格比較一覧
buton1.jpg FELT【フェルト】の価格比較一覧
buton1.jpg FUJI【フジ】の価格比較一覧
buton1.jpg LOUIS GARNEAU【ルイガノ】の価格比較一覧
buton1.jpg MARIN【マリン】の価格比較一覧
buton1.jpg CENTURION【センチュリオン】の価格比較一覧
buton1.jpg Bianchi【ビアンキ】の価格比較一覧
buton1.jpg SCOTT【スコット】の価格比較一覧

上であげたメーカーはクロスバイクの中では名の知れているメーカーのクロスバイクです。
クロスバイク自体は、これだけではなく、100を超えるメーカーで製造されています。

値段や形、素材、コンポーネントなどいろいろなメーカーのものを見て、自分がこれだ!というものを見つけてみてください。

その他のメーカーのクロスバイクについても追々紹介していきます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。